楽しい楽しい、サイト運営…?

はいどうも、レインですO(≧∇≦)O イエイ!!

というわけで恒例のSS…m9( ゚Д゚) ドーン!

今回はですね、PSO2の話題ではなく…
え?お前いつもPSO2の話しないだろうって?まぁ、そうなんですけどねw

そもそもの話、プレイ自体は学生の頃からしていますけどOP付とかレベ上げの方法とか、正直良くわからないんですよね←
PSO2の知識については別のチム員に任せていますから、僕は専らこういうPSO2外の技術面のことを頑張ろうかなって思ってます。良く言えば、”適材適所”、悪く言えば”逃げの姿勢”です!

まぁ、それはさておき、今回はこのサイトがどうやって動いてるか?ってところを書いていこうかなと思います。舞台裏です!
ただ、あまり詳らかに書くとセキュリティ上良くないので、ぼかすところはぼかしていくのであしからず…

もし、この記事を読んでくれている方の中に「チームのサイトとか個人のブログを立ち上げたいと思ってはいるけど、どうやってるのか分からん!」という人が居たら、少しでも助けになればいいなって思います。

まぁ、助けになるような情報量かは定かじゃないですけどね…w
あくまでも、調べるきっかけを提供できたら良いなと思います。

なので、手順をイチから書くことはしません!
それは、僕が書くよりももっと分かりやすく書いているサイトがあるはずなので、そちらを参考にしてもらえればいいかなと。
なにより、全て書くと記事が長くなって辛いのです…w

では、前置きとハードル下げはこのくらいにして書いていきます。

サイトってどうやって作るの?

サイトを立ち上げる方法は主に3つあると個人的には考えています。

 

【パターン1】既存サービスを利用する

1はWebサイトを立ち上げる一番手っ取り早い方法かと思います。
Amebaブログ、fc2ブログ、Seesaaブログなどなどのサービスを利用する方法です5分, 10分でサイトができちゃいます。ここ数年は、これにJimdoWix.comといった、ブログサイトだけではなく企業のサイトやオンラインショップなど、様々なタイプのWebサイトを簡単で柔軟に作れるサービスが登場しています。これらは、比較的新しいサービスで、使用している技術も新しく、見た目も今風のデザインのテーマが多く、美麗なサイトを作りやすいというのが個人的な印象です。

 

【パターン2】CMSを使って自前で作る

2は1から一歩踏み出して、より柔軟にサイトを作ることができる方法です。当サイトが採用した方法でもあります。
CMSって何?というのは後述しますが、ようは1の既存サービスが自社で開発してるようなサイトの管理システムを自分で実装して、自分勝手に使おう!ってなもんです。CMSはその管理システムのことを指します。これは、もうすでに製品があるのでそれをサーバに適切に置いてあげれば良いんです。少しだけ、スキルが必要な場面もあるかと思いますが、ググれば分かる程度の浅い知識で事足り場合がほとんどです。あまり身構える必要は無いのかかと思います。

 

【パターン3】完全に自分で作る

3は最も難しく、かつ最も自由な方法です。
HTMLやCSS、javascriptだけでなく、場合によってはサーバサイドで動くプログラムを自分で開発して作り上げていく方法です。Web関連技術の知識が要求されますし、プログラミングもしなければいけない場面も出てくるでしょうから、ハードルはかなり高いと思います。それらを助けるために、フレームワークと呼ばれるものもありますが、そこまでする知識も技量も時間も無いので、今回はパスです。そのうち、学んでみたいとは思ってはいますがなかなか^^;

 

というわけで、当サイトは2のCMSを利用する方法でサイトを立ち上げました。その際に行ったことは、以下の3つです。

  1. ドメインを取得する
  2. サーバを借りる
  3. WordPressをインストールする

これらを例えるなら、家を建てる作業かなと思います。ここで言う、家というのは、Webサイトのことですね。インターネットという広大な土地に自分達の家を建てるわけです。

1.ドメインを取得する

そもそもドメインって何?ってところですよね。
ドメインというのは、身近なところで言えば「google.com」とか「yahoo.co.jp」とか。とりあえず、アドレスと思っていいのかなと思います。
厳密には、以下のように定義されています。

ドメインとは、インターネット上にあるコンピューターを特定するために使われる、一定のルールに従って作られた文字列のことを指します。
(引用元:お名前.com「ドメインとは?」

インターネットの住所ってIPアドレスじゃないの?と思うかもしれません。
IPアドレスを人間が見ても、それがどこのサイトに繋がるのか分からないですよね?なので、視覚的に分かりやすいようにするためにドメインを使っているという側面があります。
そして、ドメインとIPアドレスを関連付けてくれているのが「DNS」というやつです。(へぇ~。)
例えば、ドメインに対応するIPアドレスを教えてくれるようなサイトで「google.com」をIPアドレスに変換して、それをブラウザのアドレスバーに入力すると、Googleのページに飛べるんですよね。でも、IPアドレスだとそれがGoogleのサイトなのかどうかパッと見でわからないですよね。やっぱり、「google.com」のほうが人間にとっては分かりやすいんです。

ドメインの中でも、「.com」とか「.co.jp」の部分をトップレベルドメインといい、これに任意の文字列をくっつけて、ドメインとして購入します。

そうです!タダじゃないんです!!好き勝手に決めてすぐに使えるわけじゃないんですよね。タダで取得できるトップレベルドメインもあるのですが、好き勝手に取れるということは、悪質なサイトに使われる事も多く、そういったドメインは残念ながら信用度が低いです。

トップレベルドメインは沢山の種類があって、想定用途が決まっていたり、完全に用途が限定されているものもあります。
たとえば、「.org」はもともと非営利団体に対して使うことが想定されていた関係で、今ももっぱら非営利団体などが好んで使ったりします。「.gov」はアメリカ政府機関のみが使うことを許されているドメインです。たぶん、governmentの略かなと。

などなど、実に多くのものがあって、付加価値によって値段もかなりばらつきがあります。
とりわけ、日本だと「.co.jp」や「.jp」は結構いいお値段するんですよね。何故かと言うと、これが付いてるとパッと見で信頼感があるからです。
「あ。日本のサイトだ。」というのがすぐ分かりますから、日本人としてはやはり自国のサイトは安心して見ますよね。ドメインを取得するというのは、訪れる人の信頼を得るためというのが一つあるのかなと。

あとは、見た目の問題です。
サーバを借りれば、大概はそのサイト用にアドレスは割当たるんです。ちなみに、このサイトは「さくらサーバ」というサーバで運用しているんですが、さくらサーバを契約すれば「~.sakura.ne.jp」でアドレスは割当たるんです。だから、これをそのまま使っても問題はないんです。でも、できれば見た目をもっと良くしたいですし、覚えてもらいやすいアドレスにしたかったんですw

なので、今回は luminess.games というドメインを購入しました。

ちなみに .games というトップレベルドメインは、2018年から始まった生まれたてのドメインで、お名前.com曰く “主に「ゲーム・試合・競技」を表すドメイン” だそうです。また、 “ゲーム全般のWebサイト・ブログにはもちろん、スポーツ関連のWebサイトにもおすすめです。” とも書かれており、まさしく今回の目的にピッタリのドメインなわけです。まぁ、値段が上がってくるとやむなく変更する時が来るかも…

2.サーバを借りる

ドメインを買ったので、次はサーバを借ります。
サイトを運営するには、データを置く場所が必要です。つまり、家を建てる土地を用意するわけです。

いくつか候補はあったのですが、料金が安く、容量も多く、CMSを使うのに十分な機能を備えているSAKURA Internet社の「スタンダード」というプランを契約しました。こいつのイイところは、月額515円という安さ、100GBという容量の多さ、無料SSLが使えるという3点です。

PSO2に関連するサイトですから、まずSSは絶対載せるだろうとは思いました。
じゃあ、容量は多いほうが良いよねと。100GBもあれば十分だと思います。家建てるのに、100坪もあればそりゃ豪邸だって建てられますよね。まぁ、家が小さくてほとんど庭なのかもしれませんが…。

土地を買ったら、そこの土地と先ほど購入した住所を結びつける作業をしないといけません。
これは「独自ドメイン」というのがキーワードです。サーバで独自ドメインを使用する方法を調べてみると、分かると思います。
ちなみに、僕は今回はドメインを「お名前.com」というサイトで購入し、サーバを「さくらサーバ」で借りているので、さくらサーバの 他社で取得・管理中のドメインを利用 という手順に則って作業しました。このような手順は各レンタルサーバに存在していると思うので、分からなければヘルプを要チェックです!

3.Wordpressをインストールする

次は、家を建てる作業ですね。
ただ、Wordpressって何?という人が大半だと思います。Wordpressは、一言で言えば「サクッとブログサービスを構築できる魔法のアイテム」です。この手のものを “CMS(: Content Management System)” って言います。

WordPressは数あるCMSの中でも、かなり人気で、かつ老舗です。
しかも、無料なんですよね!これだけのものを無料で提供しているWordpressマジです。

WordPressはサーバの中で動くソフトウェアなので、サーバにアップロードする必要があったり、Wordpressが使うデータベースを用意する必要があります。ただ、近頃のレンタルサーバの中にはWordpressのインストールを自動的にやってくれるところもあります。例えば、 エックスサーバー とか。なので、敷居は低くなってるのかなと思います。

WordPressの特徴は、 プラグイン を使って次々に機能を追加していくことができる点です。
「あの機能ほしいな」と思ったら、大概見つかるくらい、豊富です。サイトに会員機能を導入する、画像ファイルをクリックしたらポップアップが出てきて拡大して見れるようにする、記事を投稿したら結びつけてあるSNSのアカウントに自動で投稿する、記事にSNSの共有ボタンを配置する、などなど数万、数十万、数百万?のプラグインから必要なものをチョイスしてサイトの機能を強化することができます。

ただ、調子に乗ってあれこれ入れすぎるとプラグイン同士が喧嘩をしてサイトに致命的な不具合を与えたり、サイトが重くなってモッサリしてきたりするので、程々がいいですね。ちなみに、当サイトは20個のプラグインを動かしています。ちょっと多すぎ感…w

メジャーなプラグインはJetpackとAll in One SEOですかね。
前者はアクセス解析などに使われますし、後者はSEOと言ってGoogleやYahooなどの検索エンジンに自分のサイトをより上の方に表示してもらう媚売の対策機能を提供してくれます。当サイトも、アクセス状況はリアルタイムで分析しています。そのために、Jetpackも入れていますし、GoogleAnalyticsによる解析もしています。

それらで得た情報を基に何かしようという気はなく、ただモチベを上げるため、あとはどんな記事を書けばみんな見てくれるんだろう?という改善のために活かさせていただきます。個人的には、Webサイトに広告を表示するというのはやりたくないので、それに使うようなことはしません。自前でサーバを借りてCMS使ってサイトを作ったのも、広告を完全に排除して自分達のコンテンツをより見やすい状態で見てほしいからというのもあるんですよね。無料のブログサービスだと結構広告が入ったりすることもあるので…
しかもエッチい内容の広告とか出たら出先でスマホで見るとき見づらいじゃないですか。そういうのは嫌なんです。

WordPressのもう一つの特徴は世界中の開発者さんが作る高品質なテーマがほとんど無料で使い放題!という点です。中には、有料のものもありますが、Worpdress内で検索してもヒットするのは無料のものばかりです。有料のは基本、ダウンロード販売されていますね。だから、勝手に料金が発生するなんてことはありません。

本当なら、無い機能は自分で作ればいいのですが、サクッと導入できて高品質なプラグインが目の前にたくさんあると、ついついそっちに手を出してしまいますね…w

4.【おまけ】安心安全を求めて…

うん、農家さんかな?って感じですね。
でも、CLEANなイメージって大事だと思うんですよ!DIRTY や GUILTY よりは…あ。GUILTY はダメですね。犯罪ですから^^;

しがないチームサイトですが、出来れば気持ちよく見てもらいたいし、使う僕らもログインするのに盗聴とか乗っ取りに怯えながらやりたくは無いんです。その為にどうするかと言えば、やっぱりSSL/TLSの導入(≒HTTPS化)かなぁと。

SSL/TLSを使うには証明書を手に入れる必要があるのですが、今までは万単位のお金を払って買うのが当たり前でした。
ところが、数年前に登場した “Let’s Encrypt” というプロジェクトのおかげで、いまや低レベルの証明書(ドメイン認証)なら無料で取得できる時代です。いやぁ、良い時代になったものですね!とりあえず、暗号化通信がしたいというだけならこれで十分ですし、びた一文払わなくて良くなったのですから!

さくらサーバは、このLet’s Encryptを使って無料でSSLを導入する機能を提供してくれています。おかげで、当サイトは全域をHTTPS通信に無料でできちゃったわけです!

ちなみに、GoogleはHTTPSがデフォルトのサイトを優遇するとかなんとか。SEOは具体的にこうすると優遇するっていうのが公開されていないので皆さん手探りでプロの方が試行錯誤してやってるみたいですね。やっぱ、プロってすごいなぁと思います。逆に、HTTP通信のサイトは評価を下げるような動きもあり、近い将来、ChromeなどのWebブラウザはHTTPS時にアドレスバー位に “保護された通信” って表示するのをやめて、逆にHTTPのときに “保護されていない通信” みたいのを表示する考えもあるらしいです。つまり、HTTPSがデフォルトになるっていう流れですね。なので、HTTPのままのサイトの人はこの動き要注意かも?

 

というわけで、長々と書きましたが、当サイトはこんな感じで運用しています。

長年サイトを運用したり、あるいはプロの方から見れば、何いってんだこいつと思われるかもしれませんが…
まぁ、甘々のアマチャンですからご容赦ください^^;

今後も趣味の範囲でのんびりと、マッタリと今後も運営していこうと思います。

 

では、今回はこのへんで… (*´∇`)ノシ マタネ~♪

 

おっとそうでした。もしよければ、下のランキングボタン押していただけると嬉しくて心がピョンピョンします♪

というより、なんだか妙にランキングの上位に食い込んでいて、ぽんぽこ丸とDiscordで「マジか。」と目を丸くして驚いている今日このごろです…w
せいぜい100位行かないだろという予想でしたので…クリックしていただいた方、ありがとうございます!とても励みにまります。

なんか、20位圏内に入ったら何かやるか、とか話していたり…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です