もっと映えるSSを目指して…

PSO2はアクションMORPGですが、目玉機能はなんと言っても

「キャラクタークリエイト」

ですよね!?

PSO2のプレイヤーの相当数は、丹精込めて作った自キャラを愛おしく思っているはず…

それを見越してか、PSO2にはSS(: Screen Shot, スクリーンショット)の撮影機能があって、吹き出しやパレットの表示を排して純粋にキャラクターと背景だけで撮影する事ができる機能があります。
これはもう、「さぁみんなSSを撮ろう!」というSEGAの暗示ですね!

そんなSSですが、デフォルトでは単に撮影するだけですし、最近実装されたカスタムライト機能はプレミアムの特典です。
残念ながら、自由には使えないんですよね…そこは、SEGAも商売ですから仕方ないことです。

でも、せっかくならもっと自キャラが映えるようにしたいと思いませんか?

そんなときこそ、「画像編集」です!

というわけで前置きが長くなりましたが、今回は上のSSを画像編集ソフトの「GIMP(ギンプ)」を使って編集していきます。
「画像編集」と言うと小難しく聞こえますが、複雑なものはさておき今回紹介するようなものは手順さえ分かれば誰でも出来る単純なものなので、是非試してみてください!

なお、目指すは

“一眼レフカメラで撮影したような、ポートレート風の画像”

です!

ポートレート:
ポートレートとは肖像画や肖像写真の意味で、人物をおもな被写体とした写真のことをいいます。一般的には、望遠レンズを使って背景をぼかして省略させ、背景から人物を際立たせるような写真がポートレートとしてよく撮影されます。(引用元: CANON iMAGE GATEWAY – 写真用語集 )

 

画像編集に入る前に、今回使用するソフト「GIMP」の紹介です。

【画像編集ソフトの老舗 GIMP(ギンプ, ジンプ)】

GIMP(: GNU Image Manipulation Program)は、1995年から開発が始まった結構な歴史を持つ画像編集ソフトです。フリーソフトで、「無料のPhotoshop」とすら言われるほど、無料なのに高機能なソフトです。
つい先日、Ver.2.10が公開されたばかりで、今回はこの最新版を使って編集していきます。

※ちなみに、Photoshop(フォトショップ)はAdobe社の有料ソフトで「画像編集ソフトといえばこれ!」というほどの存在です。今は月額料金980円~で使えるみたいですね。数年前までは、パッケージ版で数万円してました。

 

それでは、画像を編集していきます!

1.SSを開く

まずは、編集したい画像ファイルを開かないと何も始まらないので、今回編集するSSを開きます。

画面左上の「ファイル(F)」から、「開く/インポート(O)…」を選択します。
ファイルを選択するウィンドウは、よく見るものとかなり異なりますが頑張ってくださいw

 

2.”ぼかしたくないもの”を選択する

ファイルが読み込めたら、ぼかしたくない部分(今回は自キャラ)を選択していきます。今回のようにぼかしたい部分の方が多い場合、ぼかしたい部分を選択するより、ぼかしたくない部分を選択する方が楽なんですよね。

選択には、ファジー選択ツール()を使用します。なお、Shiftキーを押しながらクリックしていくことで、どんどん選択範囲を追加していくことができます。

ただ、ここで一つ問題が出てきます。
ファジー選択ツールは、色が似通っている隣接した部分を選択してくれるのですが、細かい模様の部分や選択したくない所と選択したいところの境界の色が似ていると、意図したとおりに選択されません…

たとえば、今回の場合は髪と背景が似た色をしているので、髪を選択しているとこうなってしまいました。

う~ん。これじゃダメですよね。
ぼかしたくない場所を選択しているのに、ぼかしたい場所にまで選択範囲が及んでしまっています。
さて、こんなときどうするか??そんなとき役に立つのが、「クイックマスクモード」です。

3.クイックマスクモードで細部まで選択する

選択メニューの配下にあるクイックマスクモードを選択すると、以下のようになります。

このとき、選択範囲以外が薄い赤色になっています。
そして、なんとペンツール()と消しゴムツール()によって、”1ピクセル単位で”選択範囲の微調整が可能なんです!さぁ、ここからは自キャラ愛と根気の勝負です!!

4.選択範囲を反転する

戦いの末に勝利し、見事にぼかしたくない範囲を選択できたら、クイックマスクモードを無効にして「選択範囲を反転(I)」で選択範囲を反転します。

これで、この選択範囲の意味合いは「ぼかしたくない範囲」から「ぼかしたい範囲」に変わったわけです。

5.ガウスぼかしを適用する

あとは背景をぼかす作業ですが、これにはフィルターの「ガウスぼかし」を使用します。残念なことに、Ver.2.10は日本語化が不十分で、フィルターに関しては英語のままですが、操作自体は簡単です。

Filters→Blur→Gaussian Blur… これが「ガウスぼかし」です。

 


Size XとSize Yの値は任意ですが、今回は両方「7」に設定しました。良いなと思ったら、「OK」を押して確定します。
※SSの右下にある著作権情報がボケて見えなくなってしまったので、急遽SEGAのロゴを入れています。

5.SEGAのロゴを入れる

自分個人で楽しむならばいざしらず、Twitterなどに投稿したり、こうしてブログの記事に素材としてSSを使う場合はSEGAが定めている”『ファンタシースターオンライン2』著作物利用ガイドライン“を守らなければなりません。PSO2のSSの著作権は、SEGAに属しているので本来ならばSEGAに問い合わせて、許可をもらわないといけないところ、こうしてガイドラインを作成して「こうすれば許可無しで使ってもいいよ!」と言ってくれているので、決まりを守ってありがたく使わせてもらいましょう!

7.完成!

ぼかしが終わったら、選択範囲を解除して完成です!お疲れ様でした(*‘ω‘ *)

【おまけ】

と、これで終わってもよいのですが、せっかくなのでGIMPで遊んでみると良いかもしれません。
僕はこのとき、他のメンバーとDiscordで通話しながらやっていたのですがその人から「明るさがほしいね」と言われました。
そこで、Filtersの「Light and Shadow」から「Lens Flare…」と「ライト効果」を足してみたんですよね。そして最終的に出来上がったのが…これです!

まぁ、初めてにしてはいい感じかな?と自負しています、はい。少し日も傾いてきた薄曇りの中で黄昏れている…そんな感じですかねぇ~。

 

今回紹介したのは、GIMPの中でもごく単純な機能です。
このソフトはもっとも~っと、いろいろなことが出来ますが僕の今のスキルでは到底使いこなせません(´;ω;`)
なので、今回はとても簡単だけど自キャラが映える方法ということでポートレート風編集をご紹介しました。

またどこかのタイミングで、いい感じの編集方法を紹介できたらなぁ~って思っています!

 

では、今回はこのへんで…(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です